Dr.Renaud(ドクタールノー)

植物の力を、キレイの味方に。肌の専門医が生んだドクターズコスメ。


フランス生まれのドクタールノーは世界29か国でサロンを通じて販売されている、長い歴史と実績のあるサロン化粧品です。

シミ、シワ、たるみなどの年齢肌(老化肌)を改善するための、パックやマッサージクリームなどの種類が豊富で、特に40代以降ためのエイジングケアが充実しています。

外国製の化粧品はお肌に合うのか心配という方もいらっしゃると思いますが、ドクタールノーは日本人の肌に合うかどうかのテストも行われていますので安心してお使いいただけます。

肌の悩みは、十人十色

ひとりひとり異なる肌の悩みに応えるために、1953年に皮膚科医ルノー博士によって生まれたのがナチュラルドクターズコスメ「ドクタールノー」です。

シワ・たるみなどが気になる肌にはイリス(アイリス)ラインを。

40歳以降のエイジングサインが気になる肌には、リプルパンロゼ(ローズ)ラインを。

自然の原材料で作られた100以上の植物成分の中から、肌状態に合わせたアプローチによって悩みのない肌へと導きます。

自然派スキンケアの先駆者、ルノー博士。

女性の素肌美を追い求めて70年。

皮膚科医であるルノー博士は1914年、地中海に面した港町トゥーロンで生まれ、パリ大学で学び医学、理学の両博士号を取得しました。

学生時代に、旅行先のアルプスで出会った老女の肌があまりにも美しいことに驚き、その美しさの秘訣は植物(果実)であったことに大きな感動を覚え、生涯を化粧品の研究に捧げ、植物が持つ力で女性の素肌美を叶える自然療法の研究に情熱を注ぎました。

「自然の恵みは誰でも授かることができるが、すべての人に有効であるとは限らない。」

この考え方こそが、ドクタールノーブランドが持つ「すべての肌ニーズに応える」という発想の原点なのです。

ルノー博士が植物の力に出会って70年。肌状態に合わせた数々の製品がこの世に送り出されてきました。

ドクタールノーと恩師・末富仁先生

私が植物療法(フィトテラピー)とエステティックについて学んだ恩師、故末富先生が1968年にフランスに渡り、日本人として初めて植物療法と美容について学んだのがルノー博士でした。

末富先生の授業でも度々ルノー博士の話題があり、博士と一緒に写っている貴重なお写真を見せていただいたこともあります。

「女性の美しさは健康的な素肌美」

ドクタールノーは日本における植物療法化粧品のルーツともいえるブランドです。

ドクタールノーを使ったトリートメント

ドクタールノーを使用したトリートメントは「バランシング」のメニューでお受けいただけます。肌悩みに合わせてマスク、オイルなどをお選びし、ご希望に合わせたメニューを組み立てます。

「バランシング」のトリートメント内容はこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。