《香り庵 美癒》では肌細胞研究から生まれたフランスのスキンケアブランド「エステダム」のオリジナルトリートメントとホームケアで、美しく年齢を重ねるためのサポートをいたします

エステダムは肌細胞研究に基づくスキンケアブランドです

エステダムは1978年にフランスの薬学博士Dr.ジャン=ノエル・トレルが設立したフランスのスキンケアブランドです。

人の手が生み出す美しさ”ESTHETIQUE(エステティック)”と皮膚科学”DERMATOLOGIE(ダーマトロジー)”の融合がブランド名の由来であるエステダムは、肌細胞研究に基づき製品を開発。

美の本場フランスのプロフェッショナルサロンの現場からクチコミで広がり、今では美容のプロであるエステティシャンのみならず、世界中の女性に愛用されています。

エステダムは「細胞の中の水」と同じ成分の「生体模倣水」で作られています

人間の身体の70%は水でできていると言われています。

その多くは細胞内に存在し、細胞の代謝に大きな役割を果たしています。

つまりこの細胞内にある水が細胞を活性化させることで、肌が持つ機能を正常化し、理想的な肌へ導くのです。

エステダムはこの”細胞内の水”に注目し、同じ成分の水=「生体模倣水」を作り上げることに成功しました。

元々細胞の中にある水を再現した「生体模倣水」は、肌への親和性が高く、肌自らが「自分の水」と認識し、肌によくなじみます。

この「生体模倣水」を製品化したものがエステダムを代表する製品「オーセリュレール」です。

エステダムの製品は、水の代わりにこの「生体模倣水」=「オーセリュレール」を使用することが特長です

※「オーセリュレール」はサロントリートメントでも使用しています。

『エコバイオロジー』という考え方

エステダムの基本理念である『エコバイオロジー』とは、”エコシステム(生態系、相互作用)”と”バイオロジー(生物学)”を組み合わせた造語で、「肌は取り巻くあらゆる環境と相互作用する生態系である」という考え方です。

肌の自然なメカニズムに働きかけ、肌がもともと持つ防御力をサポートし、外的・内的な環境がもたらすエイジングダメージから肌を守ります。

また時間とともに”進化”していく肌に対して、過剰にケアすべきではなく、必要なものだけを適時適量与えるべきであると考え、「肌が本来持っている機能を引き出す」ことで、貴女らしく美しく年齢を重ねるサポートをいたします。

『肌準備』と『肌の再教育』

エステダムのトリートメントは『肌準備』と『肌の再教育』というステップで組み立てられています。

『肌準備』のステップでは、お肌のメイクや皮脂汚れを落とし、毛穴の汚れをキレイに取り去り、古い角質を丁寧に除去していきます。

また細胞の中の水を模倣して作られた「オーセリュレール」をミストすることで細胞を活性化し、さらにお肌の常在菌のバランスを整えます。

このステップを30分程かけてしっかりと行うことで“お肌をリセット”し、次のステップで効率的に美容成分をお肌に取り入れるための準備をします。

「肌準備」ができたところで、次に必要な美容成分を必要な分量だけ与えることで、外的ストレスに強い、理想的な”なりたい肌へ”と導きます。

このステップが『肌の再教育』です。

肌は過剰なお手入れで肌を甘やかさず、自ら美しくなろうとする機能を正常化することが大切です。

『肌準備』と『肌の再教育』というエステダムのオリジナルメソッドはエステサロンなどのプロフェッショナルの現場のみならず、多くのお客さまからの支持を受けています。

プロフェッショナルメソッド

エステダムのサロントリートメントの手技は、南フランスのエステダム本部で開発され、スキンケアのラインごとに用意されています。

ディプロマトレーニングを受けたセラピストのトリートメントをお受けください

メニューはこちらです。