エステダムは「オーガニックを超える」

《香り庵 美癒》では肌細胞研究から生まれたフランスのスキンケアブランド「エステダム」のオリジナルトリートメントとホームケアで、美しく年齢を重ねるためのサポートをいたします。

エステダムのロゴマークにある「INSTITUT」とは、フランス語で「研究所」を意味します。

この研究所という言葉が表すように、エステダムは細胞研究や皮膚科学などをベースに、独自の特許技術を60以上持ち、徹底的に汚染物質を排除し、厳選した成分だけを配合するなど、まさに化粧品のメーカーというより研究所として製品を生み出しています。

「汚染物質を排除し」というのは当たり前のように思えますが、例えばナチュラル系の化粧品では植物のエキスなど「まるごと」入っていることがあります。

もちろん自然の摂理として「植物まるごと」はとても素晴らしい事なのですが、植物の中にはたとえ微量であっても肌に悪い作用をする成分が入っていることもあります。

エステダムでは植物のエキスなども全て成分ごとにチェックして、多少でも肌に悪影響があると判断した成分は取り除かれます。

エステダムとしては「オーガニック(自然由来)がすべて良いとは言えない」という立場を取っています。

実はこのポイントが私がエステダムを選んだ一番大切なことになります。

というのも。。。。

植物療法を学び、自然のハーブやエッセンシャルオイルがいかに素晴らしいものであり、どれだけスキンケアに役に立つかをお伝えしてきた私ですが。。。実は「キク科アレルギー」を持っています。

お肌に良いと言われる「カモミール」や「カレンデュラ」などの成分が入っているとかゆみが出てしまうので、化粧品を選ぶときは必ず成分を全て確認しています。

※敏感肌用の化粧品にはよくこのキク科の植物が入っているので要注意なのです。

もちろんお客様とのカウンセリングでも、アレルギーや今までトラブルのあった化粧品などをお聞きして、アレルギーを起こしそうな化粧品は、たとえお客様のご要望があってもおすすめしません(ごめんなさい)。

「ナチュラル(=自然)は肌に優しい」というイメージがありますが、実際には自然のチカラはパワフルです。

植物系の化粧品は合う人にはとても良い作用をしますが、もしアレルギーを持っていた場合は、残念ながら悪い反応も強く出てしまいます。

その判断をするのがセラピストの役割だと思っています

エステダムも自然由来の成分を使用しています。

ただエステダムは「ナチュラル=自然由来」の成分にこだわるよりも、いかに「人間のカラダの仕組み(成分)に近いもの」で作るということに重点を置いています。

それを「生体模倣=バイオミメティック(biomimetics)」といいます。

代表的なものが細胞内の水分を模倣して作られた「生体模倣水」=「オーセリュレール」です。

細胞レベルで親和性のある成分を厳選し使用することで、お肌の本来の状態=最もニュートラルで健康的な状態に整えてくれる化粧品。

それが私が新たに選んだエステダムです

パッケージも美しいエステダム♡

《香り庵 美癒》では、お肌の悩みが解決できるエステダムのサロントリートメントホームケア『お肌をリセット♡なりたい肌へ』のお手伝いをいたします。

初めての方には、ゆらぎ肌を整える「バランスコース」がおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA