心を癒す聖なるハーブ♡レモンバーベナ

「レモンバーベナ」は様々な古代文明で「聖なるハーブ」としてお清めや祈りの儀式に使われてきました。

レモンバーベナ(ベルベーヌ、バーベイン、クマツヅラ)
Verbena officinalis クマツヅラ科
使用部位:葉

この耐寒性の植物は、根元の葉が深裂で、上部の葉は全緑である。夏の盛りに薄い紫桃色の花が、小さく密集した穂状花序をなして咲く。

【用途】

清め、幻覚、催淫のための古代の聖なるハーブで、リキュールや催淫剤に加えられた。葉の煎じ液はヘアトニックや洗眼剤に用いる。地上部は肝臓の賦活や、神経の強壮や、催乳に使う。花の部分は浸出液にして、抑うつ、不眠、神経性の頭痛、黄疸、泌尿器系の疾病、胃腸の痙攣や生理痛など治療に用いる。パップは傷や皮膚の潰瘍に有効である。研究では、心臓強化の効能と、抗腫瘍の効能をもつ可能性が示されている。

~「ハーブの写真図鑑」より一部抜粋~

「レモンバーベナ」はヨーロッパなどでは、日常的に飲まれているとても身近なハーブティーです。

ほんのりレモンの香りがする爽やかな「レモンバーベナ」は、ブレンドに加えると、とても美味しいハーブティーになります。

「聖なるハーブ」と言われる所以は、その昔魔女がこの「レモンバーベナ」を使って「恋の媚薬♡」を作っていたという言い伝えによるものです。

媚薬的な効能が実際にあるのかは分かりませんが(笑)、リラックス、リフレッシュの両方の作用を持ち、心を穏やかにしてくれる「レモンバーベナ」はとても素晴らしいハーブティーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です