更年期世代の女性に♡セージ濃縮エキス

女性のためのハーブと言われる「セージ」は、45歳以降の更年期特有の体調変化を感じる女性におすすめです。

『ハーブ濃縮エキス』とは文字通り、収穫したての植物(ハーブ)をそのまま絞り抽出されたエキスです。

⇒ ハーブのチカラ100%♡ハーブ濃縮エキス

ドイツ・レホルム製品 ハーブ・エキス
セージ濃縮エキス
200ml ¥3,300+税

原産国:ドイツ
抽出法:冷却圧搾法
抽出部位:全草

ほてり・発汗、女性のバイオリズム対策に!
セージは古くからハーブティーとして馴染みがあり、様々な用途に使用されてきました。ドイツでは口腔ケアや発汗を抑えるために使われています。
主成分として、ツヨン、シネオール、ボルネオ―ル、ロスマリン酸、オレアノール酸などが確認されています。

《ハーブ濃縮エキスの飲み方》
大さじ1杯を、1日2~3回を目安にお飲み下さい。ハーブティーや天然ジュース、蜂蜜などと混ぜても美味しくおいしく召し上がりいただけます。

*保存料・防腐剤などは一切使用されていませんので、冷暗所に保存してください。開栓後は冷蔵庫などに保存し、2~3週間以内に飲み終えてください。

更年期とは閉経の前後約10年間ぐらいの期間で、一般的には45〜55歳頃と言われています。

この時期は女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少することで、心身ともに色々な変化が現れます。

例えば…

精神的には、イライラ、気分の落ち込み、不安感、不眠。。。

身体的には、ほてり、ホットフラッシュ、むくみ、肩こりや腰痛などの身体の痛み。。。

他にも、頭痛、のどの渇き、胃腸の不調、下痢や便秘。。。などなど

はじめは、疲れたのかな?、気のせいかな?と思うのですが、不調が続くと「もしかして更年期のせいかも」と気付くようになります。

更年期は女性特有の変化で、生活に支障がある場合は病院での治療も必要ですが、多くの場合「付き合っていくしかないですね。。。」と言われてしまうとのこと。

そんな場合は、あまり不安がらずに、自然のチカラを取り入れながら、受け入れていくのも必要かもしれません。

もしこれは更年期の症状かもしれないと感じた時は「セージ濃縮エキス」を2~3週間ほど集中的にお試しになってみてください。

また、女性のためのハーブがブレンドされたティーバッグタイプのハーブティー『レディバランス』を毎日1~2杯ずつ飲むのもおすすめです。

ハーブボーテ・ブレンドハーブティー『レディバランス』

セージ(サルビア)
Salvia officinalis シソ科

芳香を放つ常緑樹で、表面がザラザラした灰緑色の葉を付け、藤色が買った青い花を夏に咲かせます。

【用途】

葉には強い風味があり、乾燥させるとさらに風味が強くなる。脂肪の多い肉の香りづけや消化促進にごく少量を用いる。葉のお茶は殺菌作用があり、神経と血液の強壮薬である。セージにはホルモンの前駆体が含まれており、月経不順と更年期障害の治療に利用できる。
※妊娠中は大量の服用を避けること。

~ハーブの写真図鑑(日本ヴォーグ社)より一部抜粋~

ハーブ濃縮エキスについてはこちらもご覧ください。

✤ ドイツ・シェーネンベルガー社のハーブ濃縮エキス
✤ ハーブ濃縮エキスの飲み方と保存方法
✤ レホルム製品とは

「ハーブ濃縮エキス」は「香り庵 美癒 オンラインショップ」で取り扱っています。
詳しくはこちらをご覧ください。

[セージ縮エキス ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA