足先が冷える方に『109(循環)』♡フリクションオイル

夜布団に入っても足先が冷たくてなかなか寝付けないなど、手足の先が冷えやすい方には『109(循環)』がおすすめです。

フランス式アロマテラピーの「フリクションオイル」は、身体の気になる部分にピンポイントで数滴垂らして使う擦り込み剤です。

フリクションオイル『109(循環)』 は、血行を促し身体を暖めるエッセンシャルオイルがブレンドされています。

VIE AROME フリクションオイル

109(循環)
10ml ¥5,800+税

冷えた足を温め、むくみをスッキリさせます。また肩や頭の重圧感を解き放ちます。 更年期や婦人科系のお悩みにもおすすめです。

《使用方法》
朝晩、20滴を足、腰にすりこみます。
必要な場合はこめかみ、首筋にも付け加えます。
フリクション109を10滴+フリクションCEL+を10滴を混ぜて使用するとより働きが高まります。

《エッセンシャルオイル》
ラヴァンジン、ローズマリー、ニアウリ、サイプレス、ローズウッド、マスティックトゥリー、ベチバー、ゼラニウム、クラリセージ、ペパーミント、キャロットシード、サンダルウッド、ヘリクリサム、マートル

足先が冷える方はお風呂上りや寝る前に 、ふくらはぎに数滴『109(循環)』を垂らし擦り込んでみてください。

ふくらはぎは全身のポンプとも言われ、血行を促すために一番効率的なポイントです。


ラヴァンジン
Lavandula flagrans シソ科

ラベンダーに似て、甘美でしみとおるような、くっきりとした香り。ラヴァンジンは、真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交雑種です。真正ラベンダーより鎮静作用が弱いので、眠気を防ぎたい時におすすめです。ラヴァンジンは各種の痛みと筋肉のこわばりに特によい精油です。リウマチの苦痛を和らげ、こわばった関節の調子をよくするのにも役立ちます。

「アロマテラピーのための84の精油」より一部抜粋


ニアウリ
Melaleuca viridiflora フトモモ科

軽い甘さがあり、クリアでしみとおるような香り。この精油は局所の循環を促進する組織刺激剤で、白血球と抗体の活性を高め、身体が感染症と闘うのを助けます。また痛みを和らげる特性があるところから、リウマチ、神経痛の緩和にも役立ちます。

「アロマテラピーのための84の精油」より一部抜粋

寒さや肩こりでこわばった筋肉をほぐしたい時、スマホやパソコンによる目の疲れ等には、肩やこめかみにフリクションオイル『109』を数滴たらし、もみほぐすのもおすすめですよ。

フリクションオイルについてはこちらをご覧ください。

VIE AROMEのフリクションオイルは「香り庵 美癒 オンラインショップ」で扱っています。

アロマ「フリクションオイル」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA