リンゴの様な甘い香りのハーブティー♡ジャーマンカモミール

ほんのり甘い香りのするリラックスのためのハーブティー「ジャーマンカモミール」のご紹介です。

植物療法(フィトテラピー)のための本格的なハーブティー、PROPHEDIET(プロフィダイエ)。

⇒ PROPHEDIET(プロフィダイエ)について

PROPHEDIET シングル・ハーブ
ジャーマンカモミール(ジャーマンカモマイル)
50g ¥2,000+税
使用部位:花

ローマンカモミールよりも小粒の花のジャーマンカモミール。
甘くりんごを思わせる優しい香りです。
ハーブティーは苦みがあるので、単品よりもブレンドに加えると美味しくなります。
※妊婦さん、キク科アレルギー注意

【ジャーマンカモミールが含まれるブレンド 】
HERB BEAUTE『スリープ』
HERB BEAUTE『おなかバランス』 
PROPHEDIET『リュクシュール<優雅なひとときに…>』

ハーブティーでもアロマテラピーでもカモミールと言えば「ローマンカモミール」の方が一般的で有名かもしれません。

ハーブの「ローマンカモミール」は白くてコロッとした可愛いお花の部分を使いますが、「ジャーマンカモミール」はローマンより小さめの黄色い花の部分を使います。

※このページのトップ画像の一番右のハーブが「ジャーマンカモミール」です。

どちらのカモミールはリンゴを思わせるような甘い香りがしますが、ハーブティーにすると甘さはなくどちらかというと苦味を感じる味です。

ちょっと香りに騙された気がすると思いますが(笑)、カモミールの香りにはリラックス作用がありますので深呼吸をしながら香りも一緒に吸い込んでみてくださいね。

ローマンよりジャーマンの方が苦味が弱く飲みやすいのでハーブティー初心者の方にはこちらがおすすめですよ、

カモミールは体内の『不要なものを排出する』と言われています。

体内の浄化やデトックスにおすすめのハーブティーです。


ジャーマンカモミール(ジャーマンカモマイル、アニュアルカモマイル)

Matricaria recutita キク科

この一年草は細かく切れ、花はデイジニーに似た形で、白い花弁と、黄色い円錐形の中心部からなり、蜜の香りがする。

【用途】
ローマンカモミールと同様に、化粧品と薬用になる。抽出液は、ストレス、消化器障害、腸の潰瘍もしくは炎症を緩和する。花にはミネラル類とビタミンAが多く含まれている。また花はホメオパシー療法にも使われる。


「ハーブの写真図鑑」より一部抜粋

香り庵 美癒 オンラインショップはこちらです。

[ジャーマンカモミール]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。